move free

move free

予防から美容まで

身体状況は『2つのシステム』を使い『モニタリング』をして把握する。

『システム1』

感覚器 : 身体が受ける刺激を電気信号にかえる。

【表】
  特殊感覚         重点を置く。       
  視覚           目
  聴覚(平衡感覚)        耳
  嗅覚           鼻
  味覚           舌
  体性感覚         身体の外側。       
  皮膚感覚         皮膚
  筋感覚          筋や腱
  内臓感覚         身体の内側。       
  各臓器での感覚      内臓
  (飢餓、尿意など)

 

 

『システム2』

神経系 : 電気信号の伝達と処理をする仕組み

【表】
 中枢神経系      電気信号を捌く。      
 脳          電気信号の処理
 脊髄         電気信号の伝達
 抹消神経系      電気信号を伝える道すじ。   
 性神経系      運動と知覚への道すじ
   ↪︎知覚神経      知覚を中枢に伝える道すじ
   ↪︎運動神経      運動を末端に伝える道すじ
 自律神経系      内臓への道すじ
   ↪︎交感神経      消化以外の活動(エネルギー消費)
   ↪︎副交感神経     消化活動(エネルギー供給)

 

 

『モニタリング』

電気信号を使い身体の状況を常に観察している。

【写真】
f:id:sir3:20200519122557j:image

性神経系                    
【図】
   ↗︎1.感覚器↘︎
  刺激   2.4.体性神経系(知/運)⇄3.中枢神経系
   ↖︎5.効果器↙︎
【解説】
 1.感覚器 : 身体中の刺激を電気信号にかえる。
 2.知覚神経 : 受け取った電気信号を伝える。
 3.中枢神経系 : 身体中から集まる電気信号を処理。
 4.運動神経 : 処理された電気信号を伝える。
 5.効果器 : 伝わった電気信号で反応し、刺激を生む。
       (効果器とは反応した筋肉や内臓etc)

自律神経系                    
【図】
 刺激→1.感覚器→2.知覚神経→3.中枢神経系
   ↖︎5.効果器←4.自律神経系(交/副)↙︎
【解説】
 恐らく、中枢神経系に伝わる経路まで同じと考える。
 1.感覚器 : 身体中の刺激を電気信号にかえる。
 2.知覚神経 : 受け取った電気信号を伝える。
 3.中枢神経系 : 身体中から集まる電気信号を処理。
 4.自律神経系(交/副) : 処理された電気信号を伝える。
 5.効果器 : 伝わった電気信号で反応し、刺激を生む。
       (効果器とは反応した筋肉や内臓etc)

 

 

『まとめ』

2つのシステムでモニタリングをし制御する。

感覚器で、身体中のあらゆる刺激を電気信号に変える。
その電気信号を神経系が、処理をして捌いていく。
これを繰り返しモニタリングをし制御している。

関連記事