move free

move free

予防から美容まで

『運動と姿勢』を表現するために、『1つのチーム』で活動しています。

運動器系

筋系と骨格系を合わせた呼び名

 

 

筋系

骨格筋の集まり

【表】
       構造           役割           
筋 系    骨格筋の集まり      姿勢と運動
骨格筋    筋繊維の集まり      骨を動かす
筋繊維    筋原繊維の集まり     収縮と弛緩
筋原繊維   フィラメントの集まり    動く構造
フィラメント ミオシン•アクチンの集まり 部品

 

 

骨格系

骨同士を関節と靭帯で、繋ぎ合わせた構造。

【表】
   構造         役割         
骨  Ca•Mg•コラーゲンetc 電解質の貯蔵と造血
関節 軟骨•関節包•関節液   骨の動きを導く
靭帯 主成分がコラーゲン  関節の過剰な動きを防ぐ

関連記事

 

関係性

筋系に対して骨格系は受動的な動き。

1.筋腹が収縮し骨を引っ張る力を生み出す。
2.が筋腹の力を1つにまとめ骨を引っ張る。
3a.関節の形に沿って動き運動を行う。

3b.関節の形に合わさり支え姿勢をつくる。

4.軟骨靭帯が骨をサポートする。
5.筋膜が他の骨格筋を引っ張り動きを誘発する。

 

 

まとめ

筋系が動きを出し、骨格系が表現をする。

姿勢や運動は2つがまとまり行われている。