move free

move free

予防から美容まで

骨格筋は『3つの筋繊維』によって、『2つのタイプ』に分かれて働く。

『骨格筋』

骨を動かす筋肉

【写真】
f:id:sir3:20200518173842j:image

【表】
        構造              役割           
筋 系        骨格筋の集まり           運動•姿勢
骨格筋        筋繊維の集まり           骨を動かす
筋繊維(細胞)    筋原繊維の集まり        収縮と弛緩
筋原繊維       フィラメントの集まり         構造
フィラメント     ミオシン•アクチンの集まり      部品

関連記事

 

 

『3つの筋繊維』

遅筋・中間筋・速筋に分けられる。

【写真】
f:id:sir3:20200518172446j:image

【表】
種類   収縮速度   収縮力   疲労   閾値 
遅 筋  遅い     小さい   強い   低い
中間筋  中間     中間    中間   中間
速 筋  速い     大きい   弱い   高い
閾値とは、反応が起きる最低限の刺激量

【解説】
3つの筋繊維が束なり骨格筋となる。

 

 

『2つのタイプ』

3つの筋繊維の割合で骨格筋の働きが2つに分かれる。

【写真】
f:id:sir3:20200528174416j:image

筋繊維の割合は個人差と筋肉差で違う。

1.個人差 : 生まれつき違う。
2.筋肉差 : 骨格筋の種類で違う。
 ↪︎タイプ1遅筋の割合が多いと姿勢に関わる。
 ↪︎タイプ2速筋の割合が多いと運動に関わる。
 ※中間筋万遍なく関わる。

 

 

『まとめ』

骨格筋は筋繊維の割合によって主要な働きが違う。

骨格筋の主要な働きは姿勢と運動になります。
その決めてが筋繊維の割合であり、骨格筋ごとに違う。
関連記事